ドラマ, ドラマら行2019年

横関大のロングセラー小説が原作。三雲華(深田恭子)は、代々警察一家の息子である桜庭和馬(瀬戸康史)と付き合っているが、華は警視庁がずっと狙っている泥棒一家“Lの一族”の娘で。泥棒と警察の許されない恋を描くラブコメディ。
原作:横関大
脚本:徳永友一
出演:深田恭子、瀬戸康史、小沢真珠、栗原類、どんぐり、藤岡弘、麿赤兒、渡部篤郎
製作年:2019年/製作国:日本

図書館に勤める三雲華(深田恭子)は、恋人の桜庭和馬(瀬戸康史)の家族を初めて紹介されて、ガチガチに緊張している。和馬の父、典和(信太昌之)の口調は厳しく、母の美佐子(マルシア)も華の勤め先にガッカリした様子。和馬が公務員としか聞いていなかった華だったが、桜庭家は代々警察官の一族だったのだ。それを聞いて震え上がり、さらに和馬が警視庁捜査三課と知った華は。
その日、和馬に送ってもらった華は平凡な一軒家に入って行く。和馬の車が去ると、その家からそっと抜け出し、タワーマンションの高層階へ。実はここが本当の三雲家。高級な猫を抱いた母の悦子(小沢真珠)、キャビアをつまみにワインを傾ける父の尊(渡部篤郎)、トラフグを調理中の祖母マツ(どんぐり)が華を迎え入れた。だが、猫もキャビアもトラフグも…他人様から失敬したものばかり。そう、三雲家は泥棒一家。華は和馬を諦めようと考える。
一方、和馬は典和に捜査一課の刑事になれたら華との交際を認めても良いと言われる。和馬が三課の先輩刑事・巻(加藤諒)に相談すると、先祖代々家族全員が盗みの専門家、“Lの一族”を捕まえろとアドバイスされる。決して尻尾を出さない、それでいて弱者からは盗みを働かない、まるで、“アルセーヌ・ルパン”のような大胆不敵な犯行から“L”がつけられる一家。和馬は彼らを捕まえる決心をするが、その一族こそ、華の家族・三雲家だった。

【hulu】 【U-NEXT】 【ビデオパス】 【FOD】 【ブログランキング】

ドラマ, ドラマさ行2019年

最高視聴率25.5%を記録した韓国の大ヒットドラマをリメイク。解剖医・柚木貴志(大森南朋)たちが権力に立ち向かい、彼らが隠蔽する真実を遺体の中から見つけ出していく法医学サスペンス。大森南朋はこれが民放連続ドラマ単独初主演作となる。
原作:キム・ウニチャン・ハンジュン
出演:大森南朋、松雪泰子、飯豊まりえ、高杉真宙、佐津川愛美、淵上泰史、吉田ウーロン太、小久保寿人、横山涼、柳美稀
脚本:羽原大介、香坂隆史
主題歌/挿入歌:東方神起
製作年:2019年
製作国:日本
国民的人気歌手・北見永士(横山涼)がライブ会場の控室で死んでいるのが発見された! だが、事件現場からは指紋もろくに採れず、北見の遺体が唯一の証拠と言っても過言ではない状況…。そこで、警視庁捜査一課の管理官・和泉千聖(松雪泰子)は遺体をすぐさま、死因究明に特化した国家機関「日本法医学研究院」へ搬送するよう指示を出す。
一方、地道な捜査を続ける警視庁捜査一課の刑事・高橋紀理人(高杉真宙)は、北見がただの病死ではないとにらむ。所属事務所の社長・会田幹彦(猪野学)、そして第一発見者であるスタイリスト・宮島清花(柳美稀)がそれぞれ、北見と揉めていたとの情報を入手したからだ。しかし、紀理人から報告を受けた千聖は、解剖結果が出るまで捜査は一旦保留だと。

【hulu】 【U-NEXT】 【ビデオパス】 【FOD】 【ブログランキング】

ドラマ, ドラマは行2019年

佐々木倫子の同名漫画が原作。フレンチレストランを舞台に、お店を繁盛させる気なんてまったくなく、己の欲求を叶えるためだけにお店を開いた風変わりなオーナー・黒須仮名子(石原さとみ)と個性的な従業員たちが繰り広げるレストランコメディ。
原作:佐々木倫子
出演:石原さとみ、福士蒼汰、志尊淳、田口浩正、内田慈、大重わたる、松本ししまる、勝村政信、矢柴俊博、上田遥
脚本:吉田恵里香
主題歌/挿入歌:あいみょん
製作年:2019年
製作国:日本
フレンチレストランで働いていた伊賀観(福士蒼汰)は、真面目な性格で営業スマイルができないため、仲間からも客からもまったく評価されていなかった。
しかしそんな彼を高く評価する女性が現れる。その謎の女性は黒須仮名子(石原さとみ)。彼女は近々オープンするという自分のフレンチレストランに伊賀をスカウトする。
「スタッフに必要なのはオリジナリティー。あなたはいいサービスマンになるわ。きっと」
その言葉に心を打たれ、彼女の店で働くことを決意する伊賀。
だがそのレストランは駅からも繁華街からも住宅地からも遠く離れた墓地の中に佇む店で、しかも彼女が集めた従業員は、元・美容師見習いの無邪気なコミドラン・川合太一(志尊淳)、牛丼屋の店長を5年務めていた店長・堤計太郎(勝村政信)、人に言えない秘密を抱えている不運の天才シェフ・小澤幸應(段田安則)、資格取得が趣味の元・銀行員ソムリエ・山縣重臣(岸部一徳)と、小澤以外はフレンチ未経験の素人ばかり。
仮名子はなぜそんな彼らを集めたのか? はたして店は無事にオープンできるのか?
かつてない、“至極のフレンチレストランコメディー”の幕が開く!

【hulu】 【U-NEXT】 【ビデオパス】 【FOD】 【ブログランキング】

ドラマ, ドラマら行2019年

現役弁護士・村松謙一の著書が原作。日本の企業のうち99.7%を占める中小企業を、年間8000件以上に及ぶ倒産から救うことに心血を注ぐ弁護士の姿を描く。反町隆史がテレビ東京連ドラ初主演、和久井映見と『バージンロード』以来の共演でも話題のドラマ。

村越誠一(反町隆史)は、会社を倒産の危機から救う再建弁護士。
ある日、永井茜(小池栄子)、池田伸司(堀井新太)と営む村越の小さな事務所に、水産会社社長・山谷(石黒賢)から救いを求めるFAXが。命に関わる案件だと直感した村越は、すぐに現地へ。かつて100億以上の売り上げを誇った魚市場は、経営悪化で瀕死の状態に。
だが、ひとり思い悩む山谷に村越は明言する。「まだ、大丈夫です」そして、驚くべき再建案を提示する。
監督:西浦正記
出演:反町隆史、小池栄子、堀井新太、和久井映見、橋爪功、松本留美、水沢林太郎、田畑志真
脚本:西荻弓絵
主題歌/挿入歌:水谷果穂
製作年:2019年
製作国:日本

【hulu】 【U-NEXT】 【ビデオパス】 【FOD】 【ブログランキング】