タイトル

洋画(外国), アクション-, 洋画ら行, コメディ-2001年

休暇中のカーターはリーの地元香港を訪れていたが、リーが次々と捜査の仕事を引き受けてしまうため、休暇を満喫できずにいた。そんな時、在香港アメリカ領事館で爆破事件が起こり、容疑者としてリーの父親の相棒で、その死に関与していたとされるリッキー・タンが浮上し、リーは捜査を引き受け、カーターも巻き込まれてしまう。リーは香港マフィアのボスになっていたリッキー・タンと接触するが、カーターが制止を聞かずに手を出したため香港マフィアと乱闘騒ぎに発展し、リッキー・タンに逃げられてしまう。二人は警察署に戻るが、爆破事件でアメリカ人通訳が殺されたことからアメリカ合衆国シークレットサービスが捜査を仕切り出しており、リーは捜査から外れるように命令される。しかし、リーは上司のチン警視から捜査の続行を黙認され、リッキー・タンが出席する船上パーティーに潜入する。一方、別行動をとったカーターはリッキー・タンを発見して尾行する中で、船上パーティーに辿り着く。リーは再びリッキー・タンと接触するが、直後に彼は部下のフー・リの裏切りにあい殺されてしまう。
タンを泳がせて事件の背後関係を捜査していたシークレットサービスのスターリング捜査官は二人を叱責し、リーを捜査から外したうえ、カーターをアメリカに帰国させる。しかし、二人はアメリカで捜査を続けることに決め、カーターがパーティーで見かけた大富豪のスティーブン・レインが事件に関与していると考え、ロサンゼルスにあるレインのビルに張り込む。レインのビルで二人は、彼の愛人に扮していたシークレットサービスのイザベラと出会い、レインが関与しているニセ札偽造事件の捜査協力を頼まれる。二人は捜査の途中でフー・リに捕まり連行されるが、隙を見て脱出し、レインが経営するラスベガスのカジノ店「レッド・ドラゴン」に潜入する。カーターと別れたリーはニセ札の原版を探すが、再びフー・リに捕まってしまう。
フー・リに連行されたリーは、そこで死んだはずのリッキー・タンの前に突き出される。リッキー・タンはカジノを利用して現金とニセ札をすり替えようとしていることを語り、同時にリーの父親を殺したことを自白する。しかし、リッキー・タンはパートナーのレインがニセ札の原版を持ち出そうとしている姿を監視カメラで確認したため、フー・リに口封じを任せて部屋を後にする。リーは殺される直前にイザベラに助けられ、カジノホールのカーターがフー・リを引きつけている間にリッキー・タンの元に向かう。リッキー・タンは裏切ったレインを殺して原版を取り戻したが、リーが現れ取り押さえられる。そこにカーターも合流するが、リッキー・タンは隙を突いて二人を殺そうとするが、彼は二人と揉み合いになりビルから転落死する。呆然とする二人の元に爆弾を持ったフー・リが現れ、二人はビルから飛び降り爆発から逃れる。事件の解決後、二人はイザベラと別れ、カーターがカジノで儲けた金を持ちニューヨークに飛び立った。
監督:ブレット・ラトナー
出演:ジャッキー・チェン、クリス・タッカー、クリス・ペン、チャン・ツィイー、ジョン・ローン
制作年:2001年
制作国:アメリカ
原題:RUSH HOUR 2
制作:アンドリュー・Z・デイヴィス
脚本:ジェフ・ネイサンソン
時間:90分

【hulu】 【U-NEXT】 【FOD】 【ブログランキング】

洋画(外国), 洋画あ行, サスペンス-, ホラー(horror)2009年

元科学者で今はSF作家として名を知られているチャーリー(マーク・モーゼス)は、ある日、小さな田舎町の書店で新作のサイン会を行っていた。ファンが大勢集まりサイン会は大盛況だったが、会ももう終わりという頃、突然の異常事態が起こる。外から雷鳴が響いたかと思ったら、上空に異様な巨大雲が発生、すさまじい嵐が街を襲う。強風で宙に舞い上がった車の下敷きになり死者も…。
この異常気象は、天候を制御し人工的に雨を降らせようという政府の極秘科学プロジェクト「レインダンス計画」によるものだった。しかしプロジェクトは失敗、実験場でない場所に手に負えないほどの超大型低気圧を産み出してしまっていた。科学者時代チャーリーの助手だったジョアン(カミール・サリバン)がプロジェクトの開発者で、デイモン(アレックス・ザハラ)、ゲイリー(ライアン・ケネディ)と共に実験を行っていた。
発生現場に向かったジョアンとデイモンは、そこでチャーリーと出くわす。その時、ゲイリーから新たな嵐出現の連絡が―。今回の件を表に出したくない2人はチャーリーに協力を要請、共に新たな嵐の地点へ向かう。そこには凍死した農夫の死体が…。計画のことを知ったチャーリーは計画中止を進言、ジョアンは中止の指示を出すが、責任者のフランクはこれを無視、計画を続行する。そしてこの判断が、最悪の事態を招こうとしていた…。
監督:スティーヴン・R・モンロー
出演:マーク・モーゼス、カミール・サリバン、カジェリック・エリクセン、ライアン・ケネディ
制作年:2009年
制作国:アメリカ/カナダ
原題:ICE TWISTERS
制作:ブレアン・ハートレイ
脚本:アンドリュー・C・エリン
時間:98分

【hulu】 【U-NEXT】 【FOD】 【ブログランキング】

洋画(外国), 洋画は行, アクション-, サスペンス-2016年

宇宙移民を目的とした5000人乗の超大型宇宙船アヴァロン号が120年の航行中に人工冬眠ポッドの故障によりジム(クリス・プラット)だけが目覚めてしまった。目的の惑星まで到着まで90年を要し、宇宙船の中で孤独に寿命を迎える事は確実。例え地球に救難信号を送っても返事が返ってくるまでに数十年を要し、乗組員でも無い植民者のジムには宇宙船のコントロールにアクセスする事も出来ずポッドを直すことすら無理で、そのアクセス権を持つ乗組員達が冬眠している部屋は特別に頑丈なハッチに守られて起こす事も不可能で現状を打破する方法は絶望的。
それから1年が経過して、ジムは宇宙船の中で一人でこじ開けたスイートルームを独占して船内エンタテイメントシステムで時間を潰す自堕落な生活を続けていた。唯一の話し相手にバーテンダーアンドロイドのアーサー(マイケル・シーン)がなってくれるが、上半身は生身の人間に見えても腰からは下はホイールの機械が相手では虚しい。その中で宇宙船で著しい故障が進行して誰も入れないコントロールルームでは赤いエラメッセージが次々と表示し続けている。ある時、エアロックから宇宙服を着て船外活動が可能な事に気づき、宇宙遊泳で久しぶりの新しい刺激にごきげんだったが、すぐに虚しくなる。思い切って宇宙服を着ないままエアロックに入って外扉を開くスイッチの安全装置を外すまでをしたが、我に返って自殺を思いとどまる。
あまりにもの寂しさで、ジムは冬眠室で一目惚れしたオーロラ(ジェニファー・ローレンス)のプロフィールを調べた上で冬眠ポッドを壊して目覚めさせてしまう。目覚めたオーロラは最初は有り得ない状況に困惑するしか出来なかった、唯一同じ極限の状態を共有するジムと惹かれ合うには時間を要しなかった。だが、二人が宇宙船内で恋人の生活に慣れてジムがオーロラにプロポーズする寸前の時にアーサーが口を滑らせて「ジムが故意にオーロラを目覚めさせた事」がバレてしまう。オーロラは驚愕し憤慨しジムを拒否し暴力を加える事態になる。
ジムがオーロラへ弁解を続ける中に宇宙船の故障が停電を起こすほど深刻な状態に陥り、コンピュータに緊急事態の解決の為に乗組員のチーフのガス(ローレンス・フィッシュバーン)が冬眠から起こされた。ガスが持つ宇宙船のアクセス権で事態の把握と修理が進んで事態の収拾がつきそうになったが、船が小惑星との衝突で航行や電力供給に不可欠な核融合炉の機能停止寸前な事が発覚する。宇宙船の修理が進み、後は核融合炉を直せる一歩手前でガスが持病で急死する。残されたジムとオーロラはガスに託されたアクセス権を利用して修理に奮闘し、修理を完了するには船外活動が必要と判明してジムは船外へ出る。ジムの外からの奮闘で核融合炉を直せたが、命綱が衝撃で切れてしまう。オーロラが急いで宇宙服を着て船外に飛び出してジムを捕まえようとするが、命綱の長さの限界でもう少しの所で捕まえられなかった。必死にもがいた末にオーロラはジムの切れた命綱を掴む事に成功し、ジムを自動治癒装置へ運び込んで一命を取り留める。
宇宙船は無事に目的地へ到着出来る状態に戻った後に二人が決めた今後とは?
監督 モルテン・ティルドゥム
出演 ジェニファー・ローレンス /クリス・プラット /マイケル・シーン
脚本 ジョン・スペイツ
製作 ニール・H・モリッツ
出演者 ジェニファー・ローレンス クリス・プラット マイケル・シーン ローレンス・フィッシュバーン アンディ・ガルシア
音楽 トーマス・ニューマン
原題 PASSENGERS
製作国 アメリカ
製作年 2016年
劇場公開日 2017年3月24日

【hulu】 【U-NEXT】 【FOD】 【ブログランキング】

洋画(外国), 洋画さ行, アクション-, コメディ-, ファンタジー-2008年

冒険SF小説の巨匠ジュール・ヴェルヌによる『地底旅行』の世界を最新の3D技術を駆使して映画化したアクション・アドベンチャー。地底奥深くの未知なる世界を発見したことから繰り広げられる冒険とサバイバルを迫力の映像で描き出す。
【ストーリー】
地底世界を目指していたマックスが、突如消息を絶ってしまう。それから10年後、マックスの弟・トレバーは兄の遺志を継いで大学教授になるが、生徒不足などが理由で研究室が閉鎖される危機に陥る。そんなある日、トレバーはマックスの妻・エリザベスが彼女の息子でトレバーの甥・ショーンを連れて家にやって来て、10日間彼を預かってほしいと告げられ、それと同時にマックスの遺留品が入ったダンボール箱を渡される。その中にマックスが書いた謎のメモが記されたジュール・ヴェルヌの『地底旅行』を発見し、マックスはアイスランドに行ったとわかったため、ショーンと共に向かう。そこでマックスが尋ねたであろう火山学者の娘のハンナに出会い、彼女も加わり火山探検を始める。トレバーは火山からまっすぐ地球の中心に向かう縦穴があると信じている。その火山の調査中に雷に遭い、避難した洞窟に閉じ込められるが、旧鉱山のトンネルを発見し、スリル満点のトロッコで先に進む。やがて白雲母の洞窟の底が抜け、真っ逆さまに地球の中心に3人は落ちていく。
地底で3人は、マックスやハンナの父が信じていたジュール・ヴェルヌの地底世界が実在したことを知る。そしてマックスも来ていて、ここで息を引き取った事実にも遭遇する。と同時に残されたマックスのメモから、まもなく摂氏90度を超えてしまう事を知り、『地底旅行』の本に書かれている間欠泉から地上に出るために、3人は筏をつくって海の横断へとこぎだす。だが海で嵐に遭い、肉食の巨大魚に襲われ、巨大魚を狙った首長の恐竜も現れ、ショーンは大風で帆に捕まったまま空中へと飛ばされてしまう。 トレバーとハンナは陸地に着いて目的地を発見するが、トレバーは、はぐれてしまったショーンを探しに向かう。一方ショーンは、陸地でティラノサウルスに襲われていたが、危機一髪でトレバーによって救い出され、ハンナも救出に現れて、3人で間欠泉へと向かう。しかし、高温で水が枯れていたため、マグマに水をかけるために岩をなんとか破壊する。水はマグマの上に大量に流れ込むと、勢いよく間欠泉が吹き出し、それに乗った3人は地上の火口から飛び出し、からくも脱出に成功した。
監督:エリック・ブレヴィグ
出演:ブレンダン・フレイザー、ジョシュ・ハッチャーソン、アニタ・ブリエム、フランク・フォンテイン
制作年:2008年
制作国:アメリカ
原題:JOURNEY TO THE CENTER OF THE EARTH
制作:トビー・エメリッヒ
原作:ジュール・ヴェルヌ
時間:92分

【hulu】 【U-NEXT】 【FOD】 【ブログランキング】