タイトル

ティンカー・ベル/Tinker Bell

ネバーランドにある妖精の谷「ピクシー・ホロウ」に新しく産まれた妖精はティンカー・ベルだった。妖精たちには、植物を育てたり、動物を育てたり、光を集めたり、水を操るといった様々な才能のうち、1つを持って生まれる。誕生後の儀式で、ティンカー・ベルが持っている才能は「もの作りの才能」だと判明し、もの作り妖精の仲間たちと暮らすようになる。四季を届けにメインランド(人間の世界)へ行くことに憧れるティンカー・ベルだったが、もの作り妖精の仕事が、他の妖精たちの使う道具を製作、修理するといった裏方作業であり、もの作り妖精はメインランドへ行くことができないことを知ってしまう。もの作りへの情熱をすっかり失ってしまったティンカー・ベルは、「きっと自分には他の才能があるに違いない」と他の妖精たちに、それぞれの仕事の手伝いを申し出る。しかし、どれも失敗ばかり。
諦められないティンカー・ベルは、ヴィディアに相談するが、意地悪で嘘を教えられ、次の季節「春」の準備を台無しにしてしまう。準備をやり直して、メインランドに春を届けるには数ヶ月がかかるという試算。落ち込むティンカー・ベルに声をかけるのは、テレンスだった。自分の仕事を「妖精の粉を妖精たちに振りかけるだけ」と卑下するテレンスに、ティンカー・ベルは、仕事に誇りを持つように励ます。しかし、テレンスは「自分の仕事を誇りに思っている」と答える。「もの作り」の仕事への誇りを思い出したティンカー・ベルは、春の準備を短時間でできる新しい道具を開発する。妖精の皆の協力もあって、春の準備を期限までに間に合わせることができた。
本来ならば、メインランドへ行けない「もの作りの妖精」だが、フェアリーメアリーにも修理できなかったメインランドからの漂着したオルゴールを直したことを認められ、修理したオルゴールを落とし主に届けるという役目が与えられた。春を届けにメインランドへ行ったティンカー・ベルたちは、オルゴールを落とし主である女の子の寝室の窓にそっとオルゴールを返してくるのだった。その女の子は、ウェンディと呼ばれていた。
監督:ブラッドリー・レイモンド
声優:メイ・ウィットマン、クリスティン・チェノウェス、レイヴン・シモーネ、ルーシー・リュー
制作年:2008年
制作国:アメリカ
原題:Tinker Bell
制作:ジョン・ラセター、ジーニー・ラッセル
脚本:ジェフリー・M・ハワード
原作:ジェフリー・M・ハワード
時間:78分


【ブログランキング】 【hulu】 【動画】 【TTV】
【ビデオパス】 【FOD】 【dTV】 【TSUTAYATV】 【UNEXT】
にほんブログ村 動画紹介ブログ 映画動画へ
ランキングの応援お願いします。