タイトル

シャークボーイ&マグマガール/THE ADVENTURES OF SHARKBOY AND LAVAGIRL

ヴァーチャル・ゲームの世界を攻略し、よだれ惑星を救え。『スパイキッズ』シリーズのロバート・ロドリゲス監督がおくるファンタジー・アドベンチャー。 マックス(ケイデン・ボイド)は夢見がちな10歳の少年。彼は、自分の頭の中で創り上げたヒーローを心の友としていた。それは、サメに育てられたスーパーヒーローのシャークボーイ(テイラー・ロートナー)と、火山で生まれてマグマを自在に操るスーパーヒロインのマグマガール(テイラー・ドゥリー)。マックスは彼らの活躍を綴った夢日記を学校で発表するが、クラスメイトたちにバカにされてしまう。そして、いじめっ子のライナス(ヤコブ・ダヴィッチ)に夢日記を奪われてしまった。翌朝、エレクトリシダッド先生(ジョージ・ロペス)に叱られながらも、マックスは夢日記を取り返すが、中はライナスが描き込んだ落書きだらけになっていた。マックスの怒りが爆発したその時、突然、なんと本物のシャークボーイとマグマガールが教室へと飛び込んでくる。二人が暮らす“よだれ惑星”に危機が訪れ、創造主であるマックスの力が必要だというのだ。ロケットに乗り込んだマックスは“よだれ惑星”に到着。しかしそこは、子供たちの夢を奪おうとしているエレキ魔王(ジョージ・ロペス/二役)の仕業ですっかり荒れ果てていた。彼は、悪の化身・マイナスとなったライナスと手を組み、マックスの夢の世界を破壊しようと企んでいるのだ。マックスはシャークボーイとマグマガールの助けを借りて、“よだれ惑星”を元通りにするために、七つの立体夢世界の試練を攻略する闘いに挑むのだった。
監督:ロバート・ロドリゲス
出演:テイラー・ロートナー、テイラー・ドゥーリー、ケイデン・ボイド、ジョージ・ロペス、デヴィッド・アークエット、ジェイコブ・ダヴィッチ、サッシャ・ピータース、クリスティン・デイヴィス
制作 ロバート・ロドリゲス、エリザベス・アヴェラン
脚本 ロバート・ロドリゲス
音楽 ロバート・ロドリゲス、ジョン・デブニー
原題 THE ADVENTURES OF SHARKBOY AND LAVAGIRL
制作年 2006年/制作国 アメリカ/時間 93分

【ブログランキング】 【hulu】 【動画】 【TTV】
【ビデオパス】 【FOD】 【dTV】 【TSUTAYATV】 【UNEXT】
にほんブログ村 動画紹介ブログ 映画動画へ
ランキングの応援お願いします。