タイトル

大いなる陰謀/LIONS FOR LAMBS

ロバート・レッドフォード、メリル・ストリープ、トム・クルーズ共演による社会派ドラマ。
アメリカの政治と軍事の恥部を明確に浮き彫りにして、誰の言葉を信用し疑えばよいのかを示すような、政治的教科書にもなりそうな映画。ただ、会話だけで延々と話が続いていくので、追いかけてしっかり吸収しようという意思がなければ取り残されそうになる。全体のテーマは良く伝わるが、眠いときに観たので派手さがなく時間が終わるのが待ち遠しかった。長いのにそれを感じさせない映画はよくあるが、これはその逆。トム・クルーズの胡散臭さが見事にはまっていたのは面白かったが…
監督:ロバート・レッドフォード
出演:ロバート・レッドフォード、メリル・ストリープ、トム・クルーズ、マイケル・ペーニャ、デレク・ルーク、ピーター・バーグ、アンドリュー・ガーフィールド
制作:ロバート・レッドフォード、アンドリュー・ハウプトマン、トレイシー・ファルコ、マシュー・マイケル・カーナハン
脚本:マシュー・マイケル・カーナハン
制作年:2007年
制作国:アメリカ
原題:Lions for Lambs
時間:92分


【ブログランキング】 【hulu】 【動画】 【動画】
【ビデオパス】 【U-NEXT】 【dTV】 【TSUTAYATV】 【FOD】
にほんブログ村 動画紹介ブログ 映画動画へ
ランキングの応援お願いします。