タイトル

ローグ・ワン スター・ウォーズ・ストーリー/Rogue One: A Star Wars Story

遠い昔、はるか彼方の銀河系で…。
『エピソード4/新たなる希望』の少し前。銀河全体を掌握しつつあった銀河帝国軍は究極兵器の初代デス・スターを完成させる。しかし、デス・スター開発の主要人物であるゲイレン・アーソは、妻のライラ・アーソを殺害してまで自分を帝国に連れ戻したオーソン・クレニックへの復讐のため、デス・スターの重要情報を帝国軍のパイロットのボーディー・ルックに託して脱走させる。ボーディーは、惑星ジェダで反帝国勢力を率いているゲイレンの旧知の仲の戦士であるソウ・ゲレラに面会するが、長年の戦いで疑心暗鬼に陥っていたゲレラには信用されず、拘束されてしまう。
この情報を掴んだ反乱同盟軍は、ゲイレンの娘であるジン・アーソを利用してソウと接触を図ろうとする。彼女は、幼少の頃に父と別れソウに引き取られていたが、数年前に彼と袂を別った後に無法者となり帝国軍に逮捕されていた。惑星ウォバニにある、帝国の強制労働収容所へ向かうターボ・タンクで連行されていた彼女は、反乱軍のスパイであるキャシアン・アンドーと元帝国軍ドロイドのK-2SO(K-2)とメルシに救出され、ヤヴィン第4衛星の反乱軍基地でモン・モスマ議員から顛末を説明され反乱軍とソウの仲介役を務めるよう要請される。過激なソウは反乱軍からも敬遠されており、仲介役としてジンは欠かせない存在であったのだ。
ジェダの聖なる都でボーディーの行方を探すキャシアンとジンは、かつてウィルズの寺院の守護者を務めていたチアルート・イムウェとベイズ・マルバスに出会う。4人は帝国軍とソウ一味との戦闘に巻き込まれた挙句、ソウ一味に拘束されてしまう。アジトでソウと再会したジンは、ボーディーが持ってきたゲイレンのメッセージを見る。ゲイレンはデス・スター開発に協力するフリをして構造に致命的な弱点を仕込み、その弱点を記した図面データは帝国軍の建築物データが収集されている惑星スカリフに存在することを伝えていた。その一方、帝国軍はデス・スターの開発責任者となっていたクレニックの指揮の下、ジェダをスーパーレーザー砲の試射の標的にしていた。通常より低威力の砲撃であったにもかかわらず、聖なる都一帯は完全に破壊される。ジン達4人と解放されたボーディーは、K-2の操縦するUウィングで辛くも脱出するが、両足が義足故走れないソウはジンに銀河の未来を託し、崩壊するアジトと運命を共にする。
ボーディーからの情報で、ゲイレンが惑星イードゥーの研究施設にいることを突き止めた一同は、彼を保護するべく現地に向かうが、実はキャシアンは帝国の重要人物であるゲイレンの暗殺を命じられていた。同じ頃、デス・スターの暫定指揮官であるターキン総督から機密情報の漏洩を指摘され、地位を追われそうになったクレニックもイードゥーを訪れ、ゲイレン達を尋問する。キャシアンはクレニックとゲイレンが接触する隙を狙って狙撃を試みるが、父を救うため戦うジンのことを思い、引き金を引くことを躊躇う。折悪く、キャシアンから送られていた情報を元に反乱軍が派遣したXウィング部隊が攻撃を開始。爆撃でゲイレンは致命傷を負い、駆け付けたジンの腕の中で息絶える。
帝国軍の輸送船を奪取してヤヴィン第4衛星に仲間達と帰還したジンは、デス・スターの脅威を報告しスカリフ攻撃を反乱軍の評議会に進言するが、降伏を主張する者や、ジンやボーディーの出自から情報の真偽を疑う者が異議を唱えたため、モスマは申請を却下せざるを得なくなる。家族を苦しめた帝国に一矢報いたいジンに対し、ゲイレンに恩のあるボーディー、故郷ジェダを焼かれたチアルートとベイズ、そしてキャシアンとK-2を初めとする特殊部隊の面々が協力を申し出る。無断で帝国軍の輸送船に乗り込み、出撃しようとする彼らに対して管制塔はコールサインを問いかけ、ボーディーはとっさにならず者達で構成された自身らを指してローグ・ワンと名乗る。一方クレニックは、イードゥーを脱出した後、惑星ムスタファーにあるダース・ベイダーの城に呼びつけられていた。保身を図るクレニックに対し、ベイダーはフォース・グリップによる恫喝を加え、任務の完遂を命じる。
スカリフに着陸したローグ・ワンの戦士達は、シタデル・タワー内のデータバンクへの侵入を試みるジン、キャシアン、K-2のチームと、侵入を支援する陽動チームに分かれて行動を開始する。事態を把握した反乱軍では、ラダス提督率いる艦隊が評議会での議決を経ずに独断で出撃し、ベイル・オーガナ元老院議員は古い友人(オビ=ワン・ケノービ)に助けを求めるべく特使を送り出し、自身はオルデランへと出発する。K-2は、惑星全体を覆うエネルギーシールドを破壊しなければデータサイズの大きい設計図を宇宙に送信することは不可能と知り、キャシアンはボーディーに帝国軍の通信システムを乗っ取ってラダス艦隊にこの事実を報告するよう命じる。ベイダーとの面会後、更なる調査のためにスカリフを訪れていたクレニックは、自身の直属のデス・トルーパー部隊を戦線に投入し、自らも部隊を率いてタワー内への侵入者を追う。
数で劣るローグ・ワンとラダス艦隊は次第に追い詰められていく。追手を身を持って防いだK-2は破壊され、キャシアンもクレニックに撃たれ、戦線を離脱。通信システムを巡る一連の戦闘で、通信ケーブルを繋いだボーディー、起動スイッチを押したチアルート、陽動チームを守って戦ったベイズらも相次いで死亡する。彼らの犠牲によってもたらされた情報を元に、ラダス艦隊はシールドシステムへの強攻を開始し、遂に破壊に成功する。タワーの屋上の送信アンテナにたどり着いたジンは設計データを転送するが、手勢を失いながらも単身追撃してきたクレニックに追い詰められる。しかし辛うじて追いついたキャシアンの銃撃でクレニックは倒れ、ジンとキャシアンはタワーから退避する。
だがその頃、デス・スターがスカリフの軌道上に接近していた。ターキン総督は低出力のスーパーレーザー砲をタワー周辺に撃ち込むよう命令する。スーパーレーザー砲の直撃を浴びたタワーはクレニックを巻き込んで壊滅し、ジンとキャシアンもまた自分達がデス・スターの設計図という「希望」を残したことを確信しつつ爆風に飲み込まれる。データを受信し離脱を図る反乱軍艦隊の前にはベイダー率いる帝国軍の増援艦隊が立ちはだかる。自ら敵艦に乗り込み、ライトセーバーとフォースを縦横無尽に操るベイダーの魔の手を逃れた設計図のデータが入ったディスクは、反乱軍兵士達の手から手へと渡され、辛うじて輸送船タンティヴⅣに移される。
タンティヴⅣの船内で最後に記録装置を手渡されたのは、オーガナ議員の娘でもある反乱軍の特使レイア・オーガナ姫であった。多くの命を賭して手に入れたこのディスクこそが「“希望”です。」と語るレイアを乗せ、タンティヴⅣはハイパースペースへとジャンプした。
監督 ギャレス・エドワーズ
製作 キャスリーン・ケネディ アリソン・シェアマー サイモン・エマニュエル
製作総指揮 ジョン・ノール
キャスト フェリシティ・ジョーンズ ディエゴ・ルナ フォレスト・ウィテカー マッツ・ミケルセン ドニー・イェン ベン・メンデルソン
原題 Rogue One: A Star Wars Story
製作年 2016年
製作国 アメリカ
時間 134分

【ブログランキング】 【hulu】 【動画】
【ビデオパス】 【FOD】 【dTV】 【TSUTAYATV】 【UNEXT】
にほんブログ村 動画紹介ブログ 映画動画へ
ランキングの応援お願いします。