タイトル

ロボコップ/ROBOCOP

舞台は近未来のデトロイト。かつて自動車産業で栄華を誇ったこの街は犯罪都市と化しており、巨大コングロマリット企業「オムニ・コンシューマ・プロダクツ」(OCP、通称「オムニ社」)によって民営化された警察(警察官から一般職員に至るまで会社員扱い)を含む街全体が支配されていた。そんな中、オムニ社は未来都市「デルタシティ」の建設を予定していた。都市繁栄のための犯罪撲滅を図るため、オムニ社は警官に取って代わるロボットの開発を進めていた。しかし、オムニ社の副社長であるジョーンズらによって開発されたロボット「ED-209」(エド・ツーオーナイン)は、そのプレゼンテーション中に人身事故を起こしてしまい、計画は白紙に戻される。ジョーンズとは別に独自のロボット開発を予定していたモートンはこのチャンスを利用し、その開発に着手する。しかし、そのためにはロボットの候補となる「人間」が必要であった。
デトロイト市警に配属されたばかりのアレックス・マーフィ巡査は、相棒のルイスと共に一連の警官殺しにおける犯人にして指名手配中のマフィア「クラレンス一味」を追っていたが、カーチェイスの末に一味の隠家を発見し、潜入するも敵につかまり、一斉射撃を受けて、惨殺されてしまう。犯罪撲滅のため、「警官のロボット化」を企画していたオムニ社は、死亡診断が下されたばかりのマーフィの生体部分を部品として利用し、彼をロボット警察官「ロボコップ」として蘇らせる。
驚異的な性能で優秀な成果を上げるロボコップによって、街の治安は少しずつ取り戻されていく。しかし、ロボコップ自身はマーフィだった頃の記憶の断片に悩まされはじめる。ついには暴走し、警察署を後にしようとするロボコップに、ルイスが「マーフィ、あなたでしょ?」と声をかける。その言葉に動揺したロボコップは、「マーフィ」という名前を元に情報を集め、ついには真実を知ってしまう。自分がマーフィであるということ、そして、自分がクラレンス一味に殺されたことも。マーフィはクラレンス一味が麻薬の取引を行っている麻薬工場に乗り込み、クラレンスを取り押さえるが、クラレンスの口から彼ら一味を陰で操っている「黒幕」がいることを聞かされる。
監督:ポール・バーホーベン
出演:ピーター・ウェラー、ナンシー・アレン、ダン・オハーリヒー、ロニー・コックス
制作年:1987年
制作国:アメリカ
原題:ROBOCOP
制作:ジョン・デイビソン、アーン・シュミット
脚本:エドワード・ニューマイヤー
収録時間:104分

【ブログランキング】 【hulu】 【動画】 【TTV】
【ビデオパス】 【FOD】 【dTV】 【TSUTAYATV】 【UNEXT】
にほんブログ村 動画紹介ブログ 映画動画へ
ランキングの応援お願いします。