タイトル

運命の女/UNFAITHFUL

リチャード・ギアとダイアン・レイン主演の浮気系官能サスペンス映画。
専業主婦コニー(ダイアン・レイン)は夫エドワード(リチャード・ギア)、息子チャーリーと平凡な毎日を送っていた。 風の強いある日、魅力的なフランス人青年ポールに出会うまでは・・・。
街中のものが空に舞い上がるような強風の中、出会う男と女。
もしもあの時違う道を進んでいたら・・・?
アメリカ映画なのに、フランス映画みたいだなーっと思ったら、まさにフランス作品のリメイクだそうで納得。
たまたま偶然のキッカケで知り合った青年と人妻が禁断の恋におちてしまうという展開がなかなか王道な感じだが悪くなかった。 エドワードが妻の浮気に気づいてからの悲しい展開はなかなかのものだった。
夫婦仲が冷め切っているとかならまだわかるけど、それなりに夫とうまくやっている幸せな人妻があんなに簡単に赤の他人と恋に落ちてしまうのかというそもそも根本的なツッコミどころもあるけれど、ラストの考えさせられる終わり方も良かったし全体的には暇つぶしに良い映画だった。
監督:エイドリアン・ライン
出演:ダイアン・レイン、リチャード・ギア、オリヴィエ・マルティネス、エリック・パー・サリヴァン、チャド・ロウ、ケイト・バートン、ドミニク・チアニーズ
制作 G・マック・ブラウン
脚本 アルヴィン・サージェント、ウィリアム・ブロイルズ・Jr
原題 Unfaithful
制作年 2002年/制作国 アメリカ/時間 124分
【U-NEXT】 【dTV】 【TSUTAYATV】 【FOD】

【FOD】 【hulu】 【U-NEXT】 【動画】 【geo】
【ブログランキング】 【dTV】 【TSUTAYATV】 【FOD】 【dmm】 【動画】


ランキングの応援お願いします。