タイトル

アンダー・ザ・シルバーレイク/UNDER THE SILVER LAKE

ロサンゼルスのシルバーレイクを舞台に恋に落ちた直後、謎の失踪を遂げた美女を探す主人公のサスペンス。
作中に挟まれる音楽の80年代感や時折前時代のCG丸出しになるような映像、また独特なキャラクター達と張り紙や噂などで築き上げられた不思議な世界観が、視聴開始即作品の中へと見る側を引き込んでいく。またいわゆる雰囲気映画のような要素を持ちながらストーリーは一切ブレることなく、アメリカにおけるカルチャーへの新しい切り口やSF的な社会への可能性を提示している点は、脚本の力強さが感じられてよかった。

セレブやアーティストたちが暮らすロサンゼルスの街、シルバーレイク。ゲームや都市伝説を愛するオタク青年サムは、隣に住む美女サラに恋をするが、彼女は突然失踪してしまう。サラの行方を捜すうちに、いつしかサムは街の裏側に潜む陰謀に巻き込まれていく・・・。
監督:デヴィッド・ロバート・ミッチェル
出演:アンドリュー・ガーフィールド、ライリー・キーオ、ゾーシャ・マメット、キャリー・ヘルナンデス、パトリック・フィスクラー
制作 デヴィッド・ロバート・ミッチェル
脚本 デヴィッド・ロバート・ミッチェル
音楽 リッチ・ヴリーランド
原題 UNDER THE SILVER LAKE
制作年 2018年/制作国 アメリカ/時間 140分
【ビデオパス】 【U-NEXT】 【dTV】 【TSUTAYATV】 【FOD】

【ブログランキング】 【hulu】 【動画】
【ビデオパス】 【U-NEXT】 【dTV】 【TSUTAYATV】 【FOD】 【dmm】 【動画】


ランキングの応援お願いします。