タイトル

国家の密謀/UNE AFFAIRE D’ETAT

『ワン・ミス・コール』のエリック・ヴァレット監督が、フランスを代表するミステリ作家ドミニク・マノッティの原作を映画化したサスペンス。

アフリカへの武器を積んだ飛行機が、赤道ギニア上空で爆破される。パリの下町では、高級コールガールが殺される。何1,000キロも離れたところで起きた2つの事件は、一見何の繋がりもないように見えた。国家による武器密輸が発覚すれば政府は窮地に立たされるため、大統領顧問ボルナンは、元情報局員フェルナンデスを使ってもみ消し工作を図るが、彼は殺人を繰り返しスキャンダルは飛び火していく。アラブ系女性警官ノラは、コールガール殺人事件の捜査に当たるうちに、国家権力の裏に渦巻く危険水域へと踏み込んでいた・・・。
監督:エリック・ヴァレット
出演:アンドレ・デュソリエ、ティエリー・フレモン、ラシダ・ブラクニ、クリスティーヌ・ボワッソン
制作 エリック・ネヴェ
脚本 アレクサンドル・シャルロ
原作 ドミニク・マノッティ
原題 Une affaire d’etat
制作年 2009年/制作国 フランス/時間 99分
【U-NEXT】 【dTV】 【TSUTAYATV】 【FOD】

【FOD】 【hulu】 【U-NEXT】 【動画】 【動画】 【geo】
【ブログランキング】 【dTV】 【TSUTAYATV】 【FOD】 【dmm】 【動画】


ランキングの応援お願いします。