タイトル

ブレイクダウン ロシア大統領暗殺/THE LOOK OF A KILLER

ラウリ・ヌルクセ監督による、ロシアと北欧を舞台に、国家の命運を賭けた戦いを描くスパイ・アクション。原作は、 マッティ・ロンカの『殺人者の顔をした男』。

元ロシアの特殊部隊スペツナズの最強兵士だったカルパは、家族の為に今は北欧(フィンランド)での静かな生活を始めていた。ある日、ロシア原子力センター内で放射能攻撃が出来る核原子ポロニウムが何者かに盗まれる事件が起きた。ロシアは新しい民主化の動きで新大統領が就任していたが、内政はコーカサス紛争や権力争い、ソ連時代と変わらず厳しい内政情勢だった。コーカサスの不安情勢を解決する為にロシア大統領とEU5か国の首脳が フィンランドのヘルシンキで会議開催を進めていた。フィンランド警察庁公安部とロシア諜報部はテロリスト組織がヘルシンキでロシア大統領暗殺計画を進めているとの情報を掴んでいた。そんな時、カルパの元に特殊部隊時代の元同僚が突然訪れてきた。フィンランド公安部はこの男をマークしており、カルパもテロリストとの関係を疑われる・・・。
監督:ラウリ・ヌルクセ
出演:サムリ・エデルマン、ヴィッレ・ハーパサロ、マルティ・スオサロ、マリア・イリパー、クリスタ・コソネン、アンニ=クリスティーナ・ユーソ
脚本 ミカ・リパッティ
原作 マッテイ・ロンカ
原題 Tappajan näköinen mies/The Look of a Killer
制作年 2016年/制作国 フィンランド/時間 95分
【ビデオパス】 【U-NEXT】 【dTV】 【TSUTAYATV】 【FOD】

【ブログランキング】 【hulu】 【動画】 【動画】
【ビデオパス】 【U-NEXT】 【dTV】 【TSUTAYATV】 【FOD】

ランキングの応援お願いします。