タイトル

ディストピア パンドラの少女/THE GIRL WITH ALL THE GIFTS

テレビドラマ『SHERLOCK シャーロック』シリーズの『三の兆候』を手掛けたコーム・マッカーシー監督とM・R・ケアリーのベストセラー小説『パンドラの少女』(東京創元社刊)を、著者自身による脚本で実写映画化し、真菌のパンデミックにより荒廃した近未来のロンドンを舞台におくるSFスリラー。オーディションで、500人以の中から選ばれた新人、セニア・ナニュアが主演を務め、シッチェス映画祭で女優賞を受賞。

近未来、突然変異した謎のウィルスのパンデミックによって、人類のほとんどが人肉を求める凶暴な生物・ハングリーズと化し、生き残ったわずかな人々は、壁に囲まれた安全な基地内で暮らしていた。感染しながらも高い知性を持ち続ける一握りの子供達(=セカンドチルドレン)は、イギリス郊外の軍事基地に収容され、彼らからワクチンを作り出すべく研究が行われている。ある日、その子どもたちの中に、特別な知能を持つ少女メラニーが現われるのだが・・・。

監督:コーム・マッカーシー
脚本:マイク・キャリー
出演:セニア・ナニュア、ジェマ・アータートン、パディ・コンシダイン、グレン・クローズ、アナマリア・マリンカ、フィサヨ・アキナデ、アンソニー・ウェルシュ、ドミニク・ティッパー
原題 THE GIRL WITH ALL THE GIFTS
製作年:2016年/製作国:イギリス・アメリカ/時間:111分


【ブログランキング】 【hulu】 【動画】 【動画】
【ビデオパス】 【U-NEXT】 【dTV】 【TSUTAYATV】 【FOD】

ランキングの応援お願いします。