タイトル

マージン・コール/MARGIN CALL

ケヴィン・スペイシーほか実力派ハリウッド俳優共演、2008年の世界金融危機(リーマン・ショック)を題材に、ウォール街が崩壊へと向かう緊迫の24時間を描いた社会派サスペンス。
2008年、ニューヨーク。ウォール街の投資会社で大量解雇が発生。その対象となったエリックは、アナリストのピーターに用心しろよと意味深な言葉を残し、USBメモリーを託す。原子物理学の博士号を持つピーターは、その部署でリストラから生き残った数少ない1人だった。その夜、エリックから引き継いだデータを調べるピーターは、会社倒産をも招く危機的事態に気付き上司のサムに報告すると、深夜、緊急の重役会議が開かれることに。8兆ドルもの資産の命運を左右しかねない状況で、彼らは経済的・道徳的にも崖っぷちに立たされることになっていく。決断の時は、刻一刻と迫ってきていた・・・。
監督:J・C・チャンダー
出演:ケヴィン・スペイシー、ポール・ベタニー、ジェレミー・アイアンズ、ザッカリー・クイント、ペン・バッジリー、サイモン・ベイカー、メアリー・マクドネル、デミ・ムーア、スタンリー・トゥッチ
制作 ロバート・オグデン・バーナム、マイケル・ベナローヤ
脚本 J・C・チャンダー
原題 Margin Call
制作年 2011年/制作国 アメリカ/時間 106分

【ブログランキング】 【hulu】 【動画】 【動画】
【ビデオパス】 【U-NEXT】 【dTV】 【TSUTAYATV】 【FOD】

ランキングの応援お願いします。