タイトル

ぼくのエリ 200歳の少女/LET THE RIGHT ONE IN

怖ろしくも、哀しく、そして美しい12歳の初恋。ヴァンパイアの恐怖や哀しみと同時に、孤独な少年の切なくも美しい初恋を繊細に描ききり、世界中で絶賛の嵐が巻き起こったスウェーデン発のヴァンパイア・ムービー。ヨン・アイヴィデ・リンドクヴィストのベストセラー『モールス』を原作者自らの脚色で映画化。
いじめられっ子の少年が、ひょんなことから恋に落ちてしまったヴァンパイアの少女と辿る哀しい運命の行方を、鮮烈な残酷描写を織り交ぜつつ静謐なタッチで綴ってゆく。ストックホルム郊外で母親と暮らす内気で友達のいない12歳のオスカーは、学校では同級生にいじめられていた。ある晩、彼はアパートの隣の部屋に引っ越して来たエリという少女に恋をする。だが、エリの正体は、人間の血を吸いながら町から町へと移り住み、200年間も生きながらえてきたヴァンパイアだった・・・。
監督:トーマス・アルフレッドソン
出演:カーレ・ヘーデブラント、リーナ・レアンデション、ペール・ラグナル、ヘンリック・ダール、カーリン・ベリィクイスト、ペーテル・カールベリ、イーカ・ノード
脚本 ヨン・アイヴィデ・リンドクヴィスト
原作 ヨン・アイヴィデ・リンドクヴィスト
音楽 ヨハン・ソーデルクヴィスト
原題 LAT DEN RATTE KOMMA IN/LET THE RIGHT ONE IN
制作年 2008年/制作国 スウェーデン/時間 110分

【ブログランキング】 【hulu】 【動画】 【動画】
【ビデオパス】 【U-NEXT】 【dTV】 【TSUTAYATV】 【FOD】

ランキングの応援お願いします。