タイトル

ベイビー・トーキング/BABY GENIUSES

『シリアル・ママ』のキャスリン・ターナー、『アダムス・ファミリー』のクリストファー・ロイド共演による、エリート赤ちゃんが巻き起こす騒動を描いたコメディ。監督は、ボブ・クラーク。
会計士のモリー(カースティ・アレイ)は、顧客の社長アルバート(ジョージ・シーガル)と付き合っていますが、彼は結婚していて、いつも離婚すると言っているだけで離婚しません。
そして、モリーは妊娠します。アルバートは、喜ぶのですが、新しい彼女を作ってしまいます。
けれども、モリーは周りの人たちには人工授精で妊娠したと言います。
そして、陣痛が来て、ジェームズ(ジョン・トラボルタ)のタクシーに乗るのですが、破水してしまいます。ジェームスは飛ばして病院まで行き、夫と間違えられ・・・・
監督:ボブ・クラーク
出演:キャスリーン・ターナー、クリストファー・ロイド、キム・キャトラル、ピーター・マクニコル、ドム・デルイーズ、ルビー・ディー、カイル・ハワード
脚本:ボブ・クラーク、グレッグ・マイケル
原題:BABY GENIUSES
製作年:1999年/製作国:アメリカ/時間:93分

【ブログランキング】 【hulu】 【動画】 【動画】
【ビデオパス】 【U-NEXT】 【dTV】 【TSUTAYATV】 【FOD】

ランキングの応援お願いします。