タイトル

メゾン ある娼館の記憶/House of Tolerance

20世紀初頭のパリで、高級娼館アポロニドを舞台に繰り広げられる娼婦たちの優美にして過酷な日常を、娼婦それぞれの苦悩や孤独に焦点を当てつつ切なくも官能的に描いたエロティック群像ドラマ。監督は、ベルトラン・ボネロ。フランス本国の賞レースを席巻、カンヌ国際映画祭コンペティション正式出品作品。
高級娼館・アポロニドで働く女たちは、美しく華やかな姿とは裏腹に、日常ではさまざまな苦悩、不安、痛みに苛まれていた。やがて取り巻く環境が変化していき、娼館は閉業せざるを得なくなるが。
監督:ベルトラン・ボネロ
出演:アフシア・エルジ、セリーヌ・サレット、ジャスミン・トリンカ、アデル・エネル、アリス・バルノール、イリアーナ・ザベート、ノエミ・ルボフスキー
制作 ベルトラン・ボネロ、クリスティナ・ラルサン
脚本 ベルトラン・ボネロ
原題 House of Tolerance/ L’Apollonide, souvenirs de la maison close
制作年 2011年/制作国 フランス/時間 125分

【ブログランキング】 【hulu】 【動画】 【TTV】
【ビデオパス】 【FOD】 【dTV】 【TSUTAYATV】 【UNEXT】
にほんブログ村 動画紹介ブログ 映画動画へ
ランキングの応援お願いします。