タイトル

つやのよる ある愛に関わった、女たちの物語

井上荒野の『つやのよる』(新潮社刊)を、『世界の中心で、愛をさけぶ』の行定勲監督が映画化した官能ドラマ。阿部扮する主人公が、ガンで昏睡状態に陥った妻と過去に関係のあった男たちを訪ね、その男にまつわる女たちとのエピソードが次々と明らかになり、壮絶な愛憎劇が展開する。艶という女と駆け落ちまでして大島に流れ着いた松生春二だったが、愛に飢えた艶の不貞に翻弄され続けることに。そんなある日、艶の病気が発覚し、さらには昏睡状態に陥ってしまい、これまで無心に彼女を愛し続けてきた彼は激しく動揺する。ついに春二は、最愛の妻と深い仲だった男性たちに、艶が瀕死の状態にあることを知らせようと思い立つが・・・。
監督:行定勲
出演:阿部寛、小泉今日子、野波麻帆、風吹ジュン、真木よう子、忽那汐里、大竹しのぶ、羽場裕一、荻野目慶子、岸谷五朗、渡辺いっけい、永山絢斗、奥田瑛二、田畑智子
脚本 伊藤ちひろ、行定勲
原作 井上荒野
音楽 coba
制作年 2012年/制作国 日本/時間 138分
【U-NEXT】 【TSUTAYATV】 【FOD】

【FOD】 【hulu】 【U-NEXT】 【動画】 【ブログランキング】 【TSUTAYATV】 【FOD】 【dmm】 【動画】


ランキングの応援お願いします。