タイトル

トップ・オブ・ザ・レイク~消えた少女~/Top of the Lake (全7話)

『ピアノ・レッスン』のジェーン・カンピオンが脚本と監督を務めたクライム・ミステリー。製作は、『英国王のスピーチ』のエミール・シャーマンとイアン・カニングが担う。
舞台は、湖と森が広がる静かで美しいニュージーランドの山あいの町。
美しい湖で12歳の少女トゥイが入水自殺しようとしていた。トゥイは妊娠5カ月だったが、父親の名前を決して明かそうとはせず、突然姿を消してしまう。
母親を見舞うために実家に戻っていたロビン・グリフィン刑事はトゥイの捜査にあたる。ある日、ロビンは湖の辺でさまざまな問題を抱える女性たちで営まれているコミュニティーに赴き、女性たちを率いているリーダー的存在GJと出会う。ミステリアスでカリスマ性のあるGJにロビンはどんどん引き付けられていく。やがて、ロビンはトゥイを捜査することで、徐々に隠されていた自分の過去へ近づいていることに気づき、捜査に没頭していくのだった。
監督:ジェーン・カンピオン
出演:エリザベス・モス、デヴィッド・ウェンハム、ピーター・ミュラン、ホリー・ハンター、サラ・ヴァレンタイン、ロビン・マルコム、ジェイ・ライアン
制作 エミール・シャマーン
脚本 ジェーン・カンピオン
原題 TOP OF THE LAKE
制作年 2012年/制作国 イギリス、オーストラリア、ニュージーランド

【ブログランキング】 【hulu】 【01】 【02】
【03】 【04】 【05】 【06】
【07】 【動画】
【ビデオパス】 【U-NEXT】 【dTV】 【TSUTAYATV】 【FOD】
にほんブログ村 動画紹介ブログ 映画動画へ
ランキングの応援お願いします。