タイトル

探偵が早すぎる 第1話~第10話

滝藤賢一と広瀬アリスがW主演を務め、ほんのわずかな違和感を察知して「事件を未然に解決する」という新たなタイプの探偵・千曲川光の活躍を描く。5兆円もの遺産を相続する権利を手にした一華(広瀬)を守るべく、謎多き探偵・千曲川(滝藤)が奔走する。原作は井上真偽の同名小説。共演は水野美紀ら。
とあるホテルの一室。手足を縛られた男性は、謎の男から口にワインを注がれている。1本、2本、3本……。「ワインを3本ね……。女性にこんな手口で悪さしようとするなんてねぇ。ひどいなぁ」と、謎の男はワインを注ぎ続ける。「俺はまだ何も…」と言いながら、気を失う男性。「神のものは神に、カエサルのものはカエサルに」と言い残し、謎の男はその場を去った――。 小さな家の一室では、十川一華(広瀬アリス)が、橋田政子(水野美紀)にテーブルマナーをビシバシと指導されていた。橋田は質素な部屋には似つかわしくない、執事風の服を着ている。シャケにナイフを入れ、皮を削ぎ落とし、身を口へ運ぶ一華。「違います。まず、フォークで身を押さえ、皮と身の境目の所にフィッシュナイフをあて、先の尖った部分でそっと皮と身の間に差し込むように皮をはずし――」「その通りにしたじゃない」「簡単にたたみ、皿の向こう端に置くのです」皮を手前に置いている一華。「これくらいいいじゃない」「そういう気持ちが良くないんです。いくら丁寧にやっても、ひとつ間違えば、全てが台無しになるということが世の中にはあるんです」「シャケくらい普通に食べたい」「これもあなたの為です」「ずっとそれ。昔からずーっとずーっと、それ。いつ使うのよ。こんな貧乏な暮らしをしている私の人生の中で、テーブルマナーが役に立つことなんて永遠にない!」
監督:湯浅弘章、瑠東東一郎
出演:滝藤賢一 広瀬アリス 水野美紀 片平なぎさ 佐藤寛太 南乃彩希 水島麻理奈 結城モエ 新山千春 桐山漣
原作:井上真偽『探偵が早すぎる』(講談社タイガ刊)
脚本:宇田学

【ブログランキング】 【hulu】 【01】 【02】
【03】 【04】 【05】 【06】
【07】 【08】 【09】 【10】 【動画】
【ビデオパス】 【U-NEXT】 【dTV】 【TSUTAYATV】 【FOD】
にほんブログ村 動画紹介ブログ 映画動画へ
ランキングの応援お願いします。