邦画, 邦画さ行, ヒューマンドラマ-2011年

北海道のツキウラという非常に辺鄙なところでパン屋を営む夫婦とそこを訪れる常連さん、そして各季節で訪れてくるお客さんの話。

東京から北海道の月浦に移り住み、湖が見渡せる丘の上でパンカフェ・マーニを始めた水縞尚(大泉洋)とりえ(原田知世)夫婦。尚がパンを焼き、りえがそれに合うコーヒーを淹れ料理を作る。そこには、毎日色々なお客がやってくる。
北海道から出られない青年、時生(平岡祐太)、なんでも聞こえてしまう地獄耳の硝子作家、陽子(余貴美子)、口をきかない少女、未久(八木優希)と父親(光石研)、革の大きなトランクを抱えた山高帽の阿部(あがた森魚)、沖縄旅行をすっぽかされた傷心の香織(森カンナ)、観察好きの羊のゾーヴァ。
それぞれの季節にさまざまな想いを抱いて店を訪れた彼らが見つけた心の中の幸せとは・・・。

監督:三島有紀子
出演:原田知世、大泉洋、森カンナ、平岡祐太、光石研、八木優希、中村嘉葎雄、渡辺美佐子、中村靖日、池谷のぶえ、本多力、 霧島れいか、大橋のぞみ
制作:森谷雄
脚本:三島有紀子
音楽:安川午朗
制作年:2011年/制作国:日本/時間:114分

【hulu】 【U-NEXT】 【FOD】 【ブログランキング】

邦画, 邦画さ行, アクション-2010年

『ゼブラーマン』の続編。4体のゼブラーマンが入り乱れ、暴走進化する地球の存亡をかけた「白と黒の戦い」と「ゼブラーマンワールド」を本格的VFXを駆使して描く。

前作から15年の月日が流れた西暦2025年、東京から名を変えたゼブラシティでゼブラーマンだった主人公・市川新市が目覚めたところから物語は始まる。警官にいきなり胸を打ち抜かれた新市は、白装束の男にゼブラシティの犠牲者たちをかくまう“白馬の家”に連れていかれる。そこでかつての教え子・浅野とも出会うが、15年間の記憶を失っていた新市は、かつての自分を取り戻すべくリハビリ生活を開始。一方ヒットチャートで40週連続NO.1のスーパーアイドル・ゼブラクイーンは、ゼブラシティの広告塔としてだけではなく、世界征服の野望を着実に進めていた・・・。
監督:三池崇史
出演:哀川翔、仲里依紗、阿部力、井上正大、田中直樹、永野芽郁、生瀬勝久、スザンヌ、波岡一喜、水樹奈々
脚本 宮藤官九郎
音楽 池頼広
制作年 2010年/制作国 日本/時間 106分

【hulu】 【U-NEXT】 【FOD】 【ブログランキング】

邦画, 邦画さ行, ヒューマンドラマ-2012年

2013年夏、石垣島。町長選を控え、美しいサンゴ礁を破壊する石垣島と竹富島を繋ぐ大規模な橋(ラグーン・ブリッジ)の建設計画をめぐる賛成派と反対派の対立が、日ごとに激しさを増していた。
そんな折、環境省の問題児の熱血漢・自然保護官の矢島が石垣島事務所に赴任した。赴任早々の一言、「オレはラグーン・ブリッジ建設に絶対反対です!
この美しいサンゴ礁を守るサンゴ防衛レンジャーになります!」 拍手喝采かと思いきや、事態は、想定外の状況に。最悪の幕開けから物語は始まる・・・。

監督:中前勇児
出演:青柳翔、田中圭、佐々木希、菅原大吉、水橋研二、池田鉄洋、坂田聡、田中律子、藤木勇人、鈴木拓、浜田晃、石丸謙二郎、菅田俊、小日向文世、高畑淳子、夏八木勲
脚本 三浦有為子、高橋麻紀
原作 さかいたまき
制作年 2012年/制作国 日本/時間 100分

【hulu】 【U-NEXT】 【FOD】 【ブログランキング】

邦画, 邦画さ行, コメディ-2011年

終始愉快です。笑あり、涙ありと言ったとても面白い映画( ^ω^ ) キャスティングがどれもマッチしていて自分的には前半がとても笑いまくりました笑 深津絵里さんがかわいらしく、西田敏行さんが愛らしく描かれていて、阿部寛さんや中井貴一さんのいい味もみれます。 コミカルに描かれていて、あきもせず、また難しくもないので気軽に観れる映画だと思います。
監督:三谷幸喜
出演:深津絵里、西田敏行、阿部寛、竹内結子、浅野忠信、草なぎ剛、中井貴一、市村正親、小日向文世、小林隆
脚本:三谷幸喜
音楽:荻野清子
制作年:2011年
制作国:日本
時間:142分

【hulu】 【U-NEXT】 【FOD】 【ブログランキング】