邦画, 邦画な行, コメディ-, ラブストーリー/ロマンス-2005年

女子高生に恋してしまった冴えない中年男の奮闘を描く。人気AV女優の蒼井そらが、さえない中年男に恋心を抱かれる女子高生を演じている。

中年サラリーマンの益雄は、通勤電車で一緒になる女子高生の杏子に恋をしており、盗撮した彼女の写真を自室の壁一面に貼っていた。妹にストーカー呼ばわりされ逆ギレした益雄は、盗聴器を仕込んだプレゼントと手紙を渡し、勇気を出して杏子に告白する。だが、あっさりフラれて気持ち悪がられてしまう。通勤電車でナイフを手に杏子に痴漢行為を働くものの、後ろから押されナイフが彼女の背に刺さってしまった。自殺を図るが未遂に終わった益雄は入院となり、すでに入院していた杏子と同室になるのだが・・・。
監督:吉田恵輔
出演:蒼井そら、三島ゆたか、成神涼、坂本あゆみ、三島佳代、和田サトシ、堀越富三郎、村田暁彦
制作 原田博史
脚本 吉田恵輔
音楽 川原伸一
制作年 2005年/制作国 日本/時間 57分

【hulu】 【U-NEXT】 【ビデオパス】 【FOD】 【ブログランキング】

邦画, 邦画な行, コメディ-, ラブストーリー/ロマンス-2018年

同名コミックスを、中島健人と中条あやみ主演で実写映画化した青春ラブ・コメディ。監督は、『チア☆ダン ~女子高生がチアダンスで全米制覇しちゃったホントの話~』、『兄に愛されすぎて困ってます』の河合勇人。

極道一家の一人息子とギャング組織の一人娘が、組織同士の抗争を鎮めるために渋々恋人のフリをしたことから、周囲を巻き込み繰り広げられる予測不能の恋模様をコミカルに綴る。極道・集英会組長の一人息子・一条楽(中島健人)は、勉強一筋でケンカ嫌いの普通の男子高校生。楽は、幼いころに出会った女の子と「再会したら結婚する」と誓い合い、その子は“鍵”を、自分は“錠”のペンダントを肌身離さず持っていようと約束していた。ある朝、楽は登校中に、門を飛び越えてきた転校生の女子・桐崎千棘(中条あやみ)から飛び蹴りをくらう。金髪&ハーフでケンカっ早い千棘は、アメリカのギャング組織の一人娘。2人の相性は最悪だったが、親の組織同士も抗争寸前だった。その抗争を食い止めるため、2人は強制的に恋人のフリをすることを約束させられ・・・。
監督:河合勇人
出演:中島健人、中条あやみ、池間夏海、島崎遥香、岸優太(King & Prince)、青野楓、河村花、GENKING、松本まりか、丸山智己、加藤諒、団時朗、宅麻伸、DAIGO
制作 辻本珠子
脚本 小山正太、杉原憲明
原作 古味直志
音楽 高見優
制作年 2018年/制作国 日本/時間 117分

【hulu】 【U-NEXT】 【ビデオパス】 【FOD】 【ブログランキング】

邦画, 邦画な行2018年

人気声優の久保ユリカが、24匹の猫に囲まれながらお客さんの相談に乗る猫カフェの店主を演じる、実写映画初主演となる4話オムニバスのヒューマン・ドラマ。
猫に囲まれながらお客様の相談に乗り、笑顔になってもらうという少し変わった場所があります。扉を開けると、陽だまりのような笑顔で悩みを聞いてくれる店主・桜木さくら(久保ユリカ)と、そっと寄り添ってくれる猫たちが、私たちを迎えてくれます。あら、今日もまた、新たな出会いがありそうです。 【Episode01 気になるあの子】 ひょんなことで猫カフェに通うようになったアイドルの並木志保。どこにも馴染めず、悩む志保に勇気をくれたのはブリティッシュショートヘア ぶりだった。 【Episode02 思い出を運ぶ猫】 津田沙世は母親の介護に明け暮れる日々。バラバラになってしまいそうな母と娘をつないでくれたのは、かつて父が大切にしていた猫だった。 【Episode03 ブルーの眼をした甘えん坊】 猫嫌いを直す為、猫カフェを訪れた小手川勇作。不器用な男・勇作を変えたのは、勇作とは正反対の甘え上手なラグドール こぐまだった。 【Episode04 さよならの向こう側】 みんなを見守り続ける店主さくらの意外な過去が明らかになる。さくらはついに自らの過去と向き合う決意をするが……。 過去は変えることはできないけど、誰かと心を通わせることで明日の輝きを信じることができる。宝物のような出会いと時間がここにはある。さくらと猫たちがつむぐ、癒しのオムニバス4編。
監督:沖田光
出演:久保ユリカ、新井愛瞳、小倉優香、池内万作、槙尾ユウスケ、岩崎う大、高萩千夏、吉川茉優、橋村理子、宮下順子
脚本:大竹菜々子、山下大士、安齋智子、皐月彩
製作年 2018年/製作国 日本/時間 90分

【hulu】 【U-NEXT】 【ビデオパス】 【FOD】 【ブログランキング】

邦画, 邦画な行, ファンタジー-2018年

自分を人間だと思い込む猫が、彼女に恋をした。大山淳子の同名連作短編集を、『グーグーだって猫である』、『ゼロの焦点』の犬童一心監督、沢尻エリカと吉沢亮の主演で映画化し、元アイドルのこじらせアラサー女子と自分を人間だと思い込んでいる猫の恋の行方を、舞台劇やアニメーションを織り交ぜ綴るハートウォーミング・ドラマ。
思った通りの自分になれなくて、いつしか投げやりな生き方に慣れてしまった沙織(沢尻エリカ)。元アイドルのアラサーで、今はスーパーで働く彼女が心を開くのは、こっそり飼っている、ロシアンブルーの猫・良男(吉沢亮)だけ。今日いちにちの出来事を、妄想を交えつつ良男に話して聞かせる沙織。沙織の心に寄り添ううち、良男は自分が沙織の人間の恋人で、彼女を守れるのは自分だけだと思い込んでしまう。そんなある日、沙織の前に“ゴッホ”と呼ばれる売れない画家・後藤保(峯田和伸)が現れ、良男は沙織の変化を目の当たりにする。ある晩、良男は月に誘われるように外の世界に飛び出し、迷子になってしまい…。ゴッホや、ゴッホを慕う猫・キイロ(コムアイ)、個性豊かな猫たちとの出逢いを通じて、1人と1匹は、自分らしく生きるすべを見つけていく。 うまくいかないことの輝き。置いてけぼりをくらっている時間の豊かさ・・・。灰色の日常がカラフルに輝きはじめる、心温まる物語。
監督:犬童一心
出演:沢尻エリカ、吉沢亮、峯田和伸、コムアイ、岩松了、藤村忠寿、内田健司、久場雄太、今井久美子、小林涼子、林田岬優、木下愛華、蒔田彩珠、伊藤ゆみ、佐藤乃莉、柿澤勇人
制作 木下直哉
脚本 高田亮
原作 大山淳子
音楽 水曜日のカンパネラ
制作年 2018年/制作国 日本/時間 109分

【hulu】 【U-NEXT】 【ビデオパス】 【FOD】 【ブログランキング】